2007年03月19日

ケータイサービス戦国時代

公式サイト総数2万…ケータイサービス戦国時代-ITのニュース:イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/43672/

 「ケータイ」があれば何でもできる時代だ。買い物はできるし音楽も聴ける、小説も読めればテレビだって観られる。携帯電話のインターネット利用者がパソコンのそれを上回り、情報サービスサイトは「乱立」の時代。課金サイトビジネスを展開する事業者は、生き残りをかけた戦いに入っている。(産経デジタル 足立滋美)

 まだ8年しかたっていない。携帯電話のインターネット接続サービスはまず、1999年2月にNTTドコモが「iモード」でスタート。ケータイの世界に革命を起こしたが、この時点の公式サイト数はわずか「67」だった。内容はニュース、天気、占いなど。それが、いまでは「8083」…。後続の2キャリア(現au、現ソフトバンクモバイル)のものを加えた公式サイトの総数は2万を超えた。

携帯の進化は凄まじい。続きを読む
posted by とらっくバッカー at 06:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース(IT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。